医療脱毛とエステサロンの脱毛の違いについて

医療脱毛とエステサロンの脱毛の違いについて

 脱毛は、医療機関、エステサロンで施術を行っています。その医療脱毛とエステサロンの脱毛ですが、同じ脱毛とは言え、内容は異なります。理由は、医療機関とエステサロンの設備やシステム自体が全く異なるからです。医療脱毛は、医師の指示のもとに行われます。その為、万が一トラブルが生じた際、迅速に対応が可能であります。医師がいるという事は、治療もできますし、薬の処方も可能でございます。

更に施術時の痛みを軽減させる為の麻酔を施す事も可能です。また、威力が強い機器の使用ができますので、永久脱毛効果が高いです。永久脱毛は毛穴奥にある毛乳頭という部分を破壊する事で、二度むだ毛が生え無くなります。毛乳頭は身体の細胞の一部であり、これを破壊するという行為自体、医療機関でないと出来ないとされています。対してエステサロンですが、医師が常駐しているわけではありませんので、万が一のトラブルに対する処置が遅れてしまいます。

また、施術に使用される機器も医療機関に比べると、威力の弱いものしか使用ができません。エステサロンではあくまでも毛乳頭の働きを弱める程度しか対応ができません。毛乳頭を破壊させる行為は法に触れるからです。ただ医療機関と提携しているエステサロンにおいては、医師の管理下という位置付けとなる為、多少威力の強い機器を使用する事が可能とされています。医療脱毛で使用される脱毛機器は主にレーザー脱毛、ニードルを使用した電気脱毛が主流です。エステサロンの場合は威力が比較的弱く、低リスクである光脱毛が主流となっております。

関連記事

  1. リスクマネージメントができている
  2. 医療脱毛の利用者が増えてきた理由とは
  3. 医療脱毛の費用について
  4. 医療脱毛を行う際のクリニックの選び方
  5. 医療脱毛を受ける際の流れについて
  6. 医療脱毛の特徴について

トラックバックURL

http://www.nba-chubu.com/iryoutoha/chigai/trackback/