VIO脱毛を実行する際の格好を詳しく

VIO脱毛を実行する際の格好を詳しく

VIO脱毛への意識は少なからず芽生えているものの、踏みきれない理由として、恥ずかしい、が示せます。格好はどうなるか、知るだけでも不安は和らぐと思いますので、ご説明します。なお絶対こうだとは言い切れず、店でマチマチなのは了承下さい。

普段生活している分には人に晒さない場所を、見せなければいけないのは事実です。が、あちらも気を遣いまして、なるべく最低限に見ぬ工夫をします。

エステですと紙ショーツか、巻スカートを渡されます。裸になる所もあります。クリニックは基本下身を裸にして、上から綺麗なガウンやタオルを羽織る形です。

大きく開脚する可能性は、IOを行う時です。パンツのケースでは、少しずらしてショットしていく手筈になります。まる見えにならない代わりに、打ち漏れするリスクを孕みます。

VとIの時は天井を見る格好で片足ずつ開いてショット、Iは思いきり開かねば光が当たらないので致し方ありません。Oは通常うつ伏せです。

Iは、エステは安全性から穴近くは避け、クリニックは結構真ん中近くまでショットできるのが通常です。Iの効果が出辛いのは、場所柄カラートーンが暗く、重要な器官があるので万に一つ、ヤケドでもしよう物なら大変という事で、低パワーで行われるためです。しかし低くてもレーザーですと思わず悲鳴を上げたくなるぐらい痛みが走る部分です。3回ともなれば慣れていきます。

思ったほど恥を気に掛ける事はありません。スタッフは既に何人もさばいており、感情込めず淡々と進めます。ただVIO脱毛部分は掃除しておくのを忘れずに行います。

関連記事

  1. 痛いとされるVIO脱毛の本当の所
  2. 男性はVIO脱毛をどう思っている
  3. VIO脱毛で全処理されてしまう心配

トラックバックURL

http://www.nba-chubu.com/wadai/jikkou/trackback/